【ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団】魂移しの仕様。引く継がれる要素とリセットされる要素

ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団-攻略TOP-

「魂移し」とは?

「魂移し」はナチル編の中盤に開放される要素

「魂移し」を行うことで、育成した人形兵を別の新しい人形兵(ファセット)に転生させることができる

「魂移し」後は、人形兵のLvが1になってしまうが、元の人形兵から様々なものが引き継がれる

下記で、「引き継がれる項目」と「引き継がれない項目」をそれぞれ紹介

それぞれの項目を把握しておくことで、効率よく人形兵の育成ができるようになる

引き継がれる要素

スキル

魂移し前に人形兵が習得していたスキルは、魂移し後の人形兵にも引き継ぐことができる

ただし、「固有スキル」および「人形兵作成時に選択したスキル」はLv99でないと引き継ぐことができないので注意

また、魂移しを行った直後はセットしていたスキルがすべて解除されてしまうので、セットし直すのを忘れないようにしよう

アニマクラリティ

魂移しを行うと、人形兵のアニマクラリティが上昇する

アニマクラリティが上昇すると、レベルアップ時のステータスの上昇量がアップする他、スキルポイントも増加する

アニマクラリティの上昇量は、魂移し前の人形兵のLvに依存しLv99で魂移しを行うとクラリティが「19」上昇する

アニマクラリティの最大値は「99」で、クリア後に追加される嘆願を行うことで上限が「999」まで増加する

アニマクラリティが高いほど強力な人形兵となるが、「魂移し」や「人形修理」を行う際のコストも上がってしまうため注意

嘆願によるスキルポイント拡張

魔女嘆願「拡張開発」「裏拡張開発」でアップさせたスキルポイントはそのまま引き継がれる

そのため、1人の人形兵に「拡張開発」系の嘆願を複数回行うことはできない

友好度

人形兵間の「友好度」は魂移し後も引き継がれる

同様に、リングによるリンケージもそのまま引き継がれる

装備

魂移し前に装備していた武器・防具はそのまま装備された状態となる

ただし、魂移し後の人形兵の装備適正が「D+」「D」の項目の武器を装備していた場合は、装備が解除されてしまうため、「ヴァージンエッジ」の武器を装備している場合は注意

名前

人形兵の名前は魂移しでは変更することができない

ただし、魔女嘆願「人形兵の名前を変えたい」でいつでも変更することが可能

因果数

「因果数」も名前と同様に魂移しで変更することができない

名前と違って後から変更することができないので、初回作成時によく考えて決める必要がある

因果数は「一部のスキルの効果」や「結魂書の配置条件」などに使用される

引き継がれない要素

レベル

魂移しを行うと、人形兵のLvは1から再スタートとなる

一時的にステータスはダウンしてしまうが、再び同じLvまで育成すれば前回以上のステータスとなる

ただし、アニマクラリティが高いほどレベルアップに必要なEXPが多くなる

複数の人形兵をまとめて魂移ししてしまうと、ダンジョンの攻略が難しくなる可能性があるので注意

名前・因果数以外の設定項目

「名前」「因果数」以外の設定項目は人形作成時と同様に自由に設定することができる

ビジュアルタイプやカラー、ボイスを好みに設定し直せる他、魂移し後のファセットに合わせて「成長アレンジタイプ」や「スタンス」も決めなおすことが可能

ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団-攻略TOP-

-ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
-

© 2021 魔界ゲーム戦記 Powered by STINGER